個人のお店が確実に成功する2店舗目の出し方

個人のお店が確実に成功する2店舗目の出し方

こんにちは。美容サロン店舗最適化コンサルタントの藤澤です。

 

 

久しぶりに

個人サロンのオーナーさんから電話がありまして

こんなやりとりがありました。

※ブログに載せてよいですか?と了承済みです。

 

 

オーナーさん

2店舗目出そうと思っているんだけど、何からした方が良い?

 

藤澤

○○さんのお店って人(スタッフ)が育っているんですか?

何人いましたっけ?スタッフ。

 

オーナーさん

店長が育ってきたし、店長と私入れて3人よ。

 

藤澤

え?3人?

新しく出すお店は誰がやるんですか??

 

オーナー

いまのお店は店長に任せて、

新しいお店は最初だけ私がやろうかなと思ってます。

 

↓と同じことを言いましたが(笑)

 

 

『ちょっとまって!冷静に考えてみてください!

 

個人サロンはオーナーさんのマンパワーで成り立っているようなものなんですよ』

 

 

結局1時間近く長電話してしましました…

 

 

だからこそ

オーナーの指名のお客様も多いでしょう。

 

 

オーナーが今のお店で作っていた

売上は減ることが予想できます。

 

 

そこで、もし2店舗目を出したいと考えているなら

この場合、『 優先するのは求人とスタッフ教育 』です。

 

 

じゃどうするか?

 

求人を集めて、育てて、お客様を部下へ任せ

売上に穴が開かないように

しつつも、同時に物件探し、

備品購入のリスト作成と資金調達(融資・出資)、

出したいエリアの競合調査を同時にしていく。

同時に見積も集めておく。ことです。

 

そして

 

今のお店で落ちるであろう

売上の穴埋めができると確信した段階で、

2店舗目を出店予定日を確定する。

 

 

それからでも遅くないです。

 

 

物件の契約も、回線の開通、備品の搬入

内装工事の契約など、印刷物の依頼、

繁忙期でなければ1か月~1か月半でできます。

 

2店舗目は融資を引くなら、

工事の内装費やマシンや備品、運転資金など事業計画書作成、

融資を申し込んで決裁まで2か月~3か月

 

2店舗開店日以降からの、支払い開始を金融機関にお願いすれば

キャッシュアウトを避けられます。

 

お店を出すのは簡単ですが、出して数ヶ月で閉店させたら

お金も心も疲れちゃいますよね。

 

大手の美容サロンが1年に10店舗も30店舗も

1年に出店ができるのは

これらの出店のルールを守っているからです。

 

これがわかると、

多店舗展開も可能です。

 

藤澤功 店長経営者育成講座スタート店長や個人サロン経営者、幹部を育てる講座(8月末開講)をしています。

将来的にサロンを展開したり、会社を大きくしていきたいは、

お問い合わせください。こちら

藤澤功 美容サロン集客セミナー

 

オンライン無料相談(30分)

CTA-IMAGE サロン経営者様へ 経営の問題・将来のサロン像・スタッフの育成やモチベーションの問題・集客やマーケティング・店舗の展開や売却などお悩みがある方は、簡単に解決できることもあります。1人で抱え込まず一度お悩みをお聞かせください。
今すぐ電話で相談!