無料メルマガ登録で5つの特典をプレゼント中!!。コチラをクリックしてください!

マツエクサロン開業の電話相談を開始。ココナラで電話コンサル

マツエクサロン開業の電話相談を開始。ココナラで電話コンサル

マツエクサロンの開業相談お受けます マツエクサロンを店舗開発をしていた私が開業をアドバイス

※現在ココナラでのサービスは提供していません

無料相談をご利用ください。⇒ 無料相談

 

いまマツエクサロンでスタッフとして働いているで、
いまのサロンを辞めて自分で自宅サロンやお店を持ちたいと思っている方も
いらっしゃるかもしれません。

サロンを開業するにしても、理解してるのと、していないのでは、

自身を持って開業できないですよね。

そこで、このように思っている方向けの電話コンサルをはじめました。

・開業すると言っても何から始めればよいのか?
・ゆくゆくはマツエクサロン・アイラッシュサロンを開業したいと思っている。
・サロンを出す物件はどのように探していけばよいのか?
・内装工事や看板などは何処に頼めばよいのか?
・マツエクのお店を開くのに、自己資金でしたほうが良いのか?融資のほうが良いのか
・資材や商材、商品は何処から仕入れたら良いのか
・サロンの求人や人を雇う時の注意点と申請しないといけないものはなに?
・マツエクサロンのスタッフを雇う助成金は使えるの?
・マツエクサロンの集客は何からすればよいのか
・マツエクの施術単価設定はどうすればよいのか?
・開店時に近隣のお店にオーナー(自分)は何をすればよいのか
・マツエクのお店を出すのに必要な資金と運転資金は?
・マツエクのお店を出すときの許認可のポイントは?どこで認可を取るのか?
・マツエクサロンのWEBマーケティングは何が有効なのか?
・ホットペッパービューティーのランクは?
・マツエクサロンにおすすめなASPサービスはなに?
・マツエクの予約や管理は
・マツエクのお店の事業計画書の作り方がわからない
・マツエクサロンの失敗事例を教えてほしい
・マツエクサロン経営のコツを知りたい

 

などなど。アイラッシュサロン・マツエクサロンを開業や起業する前だけでも
ざっと、このような疑問や悩みがあります。

マツエク店開業後も、施術にだけ集中してよければ良かったスタッフ時代と違い、経営者と施術者としてのアイラッシュサロン・マツエクサロンを開業した後の悩みもご相談いただけます。

 

例えば

・アイラッシュサロン、マツエクサロンを出したが、お客様が来ない。集客ができない。
・自分のマツエク店には割引のお客様しか来ない
・次回の予約のサジェスチョンができない。
・マツエクをしに来てくれても2回目の来店がない
・マツエク以外の商品やオプションを買ってくれない
・マツエクサロンの2店舗目を出すタイミング
・マツエクサロン、アイラッシュサロンのマネージメントが良くわからない
・マツエクサロンで自分以外の責任者の作り方を教えてほしい。
・マツエク店を管理する時の基準になる人時生産性や人件費比率はどれくらい?
・マツエクの予約が一杯なのに(忙しいのに)月末お金が残っていないのはなぜ?
・サロンスタッフの人事考課やパフォーマンスレビューをアドバイスしてほしい

 

などなど
アイラッシュサロン・マツエク店を開業する前も、

どうすればよいのかな?ということがありますが。
開業した後もマツエク店経営には悩みが次々と出てきます。

しかし、自分が悩んでいることは、

実は簡単に解決できてしまうことも多いです。

 

マツエク店は日々増えて、

いまでは地方都市の郊外にまでサロンがあったりと、

10年前に比べると当たり前のようなお店になってきています。

 

そうすると、集客できない不安から「お客様は安くしないと来店しない」と

割引や安くすることへ逃げてしまうのですが、

このようなサロンは残念ながら閉店や退店と次第に淘汰されます。

安くしないと・・・と考えた方は、割引やクーポン、キャンペーンを

連発したりせずに、先ずご相談ください。

 

経営は感覚ではなく、確実性です。

 

ちなみに
サロンを開業したいという気持ちがあっても、

なんだかフワフワしてしまっている方向けに
こういうのも始めました。

 

ゆくゆく起業を考えている方へアドバイスします ゆくゆくは起業をしたいけど、

何をしてよいのかわからない方

※現在ココナラでのサービスは提供していません

無料相談をご利用ください。⇒ 無料相談

 

 

 

 

これから美容サロン(マツエク、ネイル、エステ)サロンを開業を考えてい方向けの講座

美容サロンのGoogleマイビジネス活用法[無料]

驚くことに、どの美容サロンもGMBに注力していません。 だから早く注力するほど結果がすぐに現れます。 ローカルSEOのエキスパートのグレッグ・ギフォード氏は,『ユーザーによるファーストインプレッションは、もはやWEBサイトではなく、Googleマイビジネスなのだ』と伝えています。 サロンの収益や売上に結びつけるためのマーケティングをあなたのビジネスにお役立てください。
今すぐ電話で相談!