美容サロンが新規客の集客に苦戦している時のヒント

美容サロンが新規客の集客に苦戦している時のヒント

こんにちは。美容サロン店舗最適化コンサルタントの藤澤功です。

 

既存客はまぁまぁ居るんだけれど、

新規客の集客に苦戦している。

そんなお店ありますよね。

 

 

特に美容院などは店舗数が増えすぎているのと、

収入やキャリアの構造的な問題がありますから、

とんでもなく増えていますよね。

ネイルやマツエク、エステも同様ですが・・・。

 

 

私の知り合いでも、以前は美容室を経営していたのですが、

厳しくなりサラリーマンに戻った方もいます。

 

美容業界でなくても、

生活衛生業に関連する業種は軒並み厳しいです。

Sマーク系のお店ですね。

 

その中で、

生き残るお店と生き残れないお店の違いというのは、

なんだろうか?ということなのですが、

 

 

単純に「新規客が集まらない」ということです。

 

 

新規客が集まらなければ、

既存客で成り立っている売上は永遠ではありませんから

次第に売上が下降していきます

既存客の方も他店へ浮気しますしね。

 

 

大手予約サイトに出そうが、チラシを大量に撒こうが、

リスティングをしようが、

 

皆、同じ土壌で集客を同じことをしているので、

正直、苦戦します。

 

広告も費用対効果がないなら、

湯水のようにお金をばらまけませんから

 

 

この時点で、

3つの選択肢が出てくるかなと思います。

 

1つは

少しでも集客を集めたいという思いから

価格を下げたり、クーポンサイトでたたき売り。

 

2つは

今までとは違う市場や客層へ開拓やジョイント・ベンチャー

 

3つは

何もしない。嵐がすぎるのを待つ(笑)

 

 

前もって言います。口が悪くなりますが・・・。

 

1つめは、何も考えていない馬鹿がやることです。

 

大手クーポンサイトに掲載すると

 

クーポン販売価格の50%はクーポンサイトに持っていかれます

 

そして、そのクーポン価格というのは、

なんだかんだ言って最終的には結局はクーポンサイトが決めます

サイトも売り切らなければ、宣伝している分、儲かりませんからね。

当然です。

 

 

なぜ馬鹿なのか?

これは私自身で実際に試して失敗したから(笑)

 

 

実際にやったから仕組みも、

なぜ失敗するのかも、

わかるんです。

 

 

そもそも、クーポンで来るお客様は

あなたのお店の客ではないということです。

 

 

忙しいだけで、リピートは殆ど無いと考えて良いです。

 

 

あなただったら、やっすいクーポン価格になって

サービスを受けたあとに正規の価格で行こうなんて

余程の事がない限り無いですよね

 

 

 

3つめの何もしない。

 

正直、こういうお店もあるのですが、

自分で食っていくだけの収入があれば良いや

とか

個人でされていて、自分の代で終わるからいいや

と思ってる方です。それか、全くの無策か。

 

戦わずして勝つのが最大の戦略ではあるのですが、

それは、考えがあってのこと。

考えがないのであれば、自然淘汰されるだけです。

 

 

そして。2つめ。

 

生活衛生業にかかわらず、

市場が飽和して新規の集客が

作れない場合はこの選択が正しいです。

 

 

先日、

ガイヤの夜明けで「フライパン美容師」を密着してましたが、

 

これもまさに、市場(お客様)を作ってますよね。

 

イタリアンレストランへ来店されたお客様が、

美容室に来てもらい、

美容室のお客様にはイタリアンレストランへ。

 

これって、(男性しかわかりませんが)

女性が居る高級な飲み屋さんなどで、

同伴やアフターで使うお店を経営していたりするのと

少し似ていますよね。

 

 

私も自分で会社経営していたときも、

ある子供服やおもちゃを扱う大手の小売店と提携したり、

子供向けプロモーションをしたり、自治体と協力してみたりと

今の市場とは少し違ったところで開拓するということもしてました。

なにせ、洗剤メーカーもアパレルも脅威でしたし、

一般消費者だけでは食えんなと思ったのもあるのですが。

飽和してくると、安売り合戦になって

忙しいだけでお金が残らないスパイラルに入ってしまします。

 

 

もう一つ、

アイデアとしてVIP会員を作って、プレミアム感をだし

月会費を頂くサブスクリプション+施術料で

キャッシュ(売上・現金)作れるかもしれませんね。

ピンチをチャンスに発想の転換をしてみましょう。

 

藤澤功 オンラインセミナー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンライン無料相談(30分)

CTA-IMAGE サロン経営者様へ 経営の問題・将来のサロン像・スタッフの育成やモチベーションの問題・集客やマーケティング・店舗の展開や売却などお悩みがある方は、簡単に解決できることもあります。1人で抱え込まず一度お悩みをお聞かせください。
今すぐ電話で相談!