地域1番店を作る。美容サロンの新規客獲得マニュアルを無料配布中。コチラをクリックしてください!

失敗したマツエクサロンやネイルサロン、エステサロンに共通する3つのこと

失敗したマツエクサロンやネイルサロン、エステサロンに共通する3つのこと
この記事を読むのにかかる時間 1

こんにちは。

 

美容サロン店舗最適化コンサルタントの藤澤功です。

 

8月末からスタートする「業界トップの店長・管理者育成講座」のスケジュールや

内容が確定したので一段落という感じです。

 

 

毎朝日課の、

Googleアナリティクスをチェックしてたら、

 

「まつ毛エクステサロン 失敗」

 

「ネイルサロン 失敗」

 

「エステサロン 独立で失敗」

 

というキーワードが意外にも多かったので、

この辺の話をしてこうかなと思います。

 

 

わたしのプロフィールを見た方は、

何をしてきた人間か少しは知っているのかと思います。

 

店舗開発やらM&A、コンサル相談で見ていると

 

どんなに綿密に計画をしても、

調査してお店を出しても、

スタッフが揃っていても

上手くいかないお店、失敗するお店というのは必ずあります。

実際、私が任されたお店を、失敗させたこともあります。

 

だからこそ、

その辺のコンサルタントやネットの情報よりも信憑性は高いのでは?と勝手に思ってます笑

 

 

 

色々な事例があるのですが、

大きく分けると

 

「場所」・「人」・「マインド」の3つのパターンにまとめられます。

 

 

今回は、場所と人の失敗例でお話しできればと思います。

※マインドは違う機会に。

 

 

お店を出す場所

 

(場所)自宅で美容サロンで始める失敗例

 

個人サロンを自宅で始める方に多いのですが、

資金的に手軽に始められる分、

自宅ですからセキュリティーの問題があります。

なので、大体的にはネットの告知はできません。

 

 

たまにminimoやSNSなどで見かけるのですが、

自宅サロンでマツエクされている方は、

美容所登録がないと営業(お金の授受)できません、

基本的に自宅でマツエクサロンする場合は、

それなりに造作して申請をしないといけません。

美容所申請、スタッフ登録を保健所へしてないお店は処罰されます。

通報=閉店ですので確認してくださいね。

 

 

レンタルスペースなど面貸しで営業しているお店もありますが、

制約があるので、知り合いづてか、コツコツ集客していくしかありませんから、

どうしても、アルバイト程度の収入しか稼げないサロンもあります。

 

制約が集客のネックになるわけです。

気概という面でも、

始めるのが簡単な分、いつでもサロンを辞めれるので、

プレッシャーも少なく、気持ちがどうしても緩いし甘いのです。

 

 

美容のサービスは、1日に施術をこなせる客数が決まってきますので、

単価を上げないといけないのですが、

 

 

知り合いや友達に高単価の商品を売ったらお客様が離れてしまうのでは?

というお金に対してのブレーキ(マインド)が抜けきれないので、

お友達価格でから単価を上げられず、

いくら働いても儲けがなく、気分も滅入り、

次第に辞めていきます。

 

 

個人の美容サロンは特に

マンパワー(個人の能力)に依存しますので、

「Aさんの方法が上手くいってるから、私が上手く」ことがないのが

個人サロンの一つの特徴です。だから個人なんですが…。

 

 

(場所)テナントで出す失敗例

 

繁華街や有名な場所や駅前、スポットにテナントを出す=成功する

と思っている方が多いのですが、それは大間違いです。

 

サロンのM&Aで売却の情報を見ていると、

素人判断でいい場所に出したはいいが、

経営できないお店を見かけます。

 

なぜか?

 

勘や雰囲気で決めてるからです。

 

 

テナントで出す場合に最低限の検討しないといけないのは、

業界のマーケット市場、対象の人口と性別、競合数、

それに基づいた売上予測と坪単価です。

 

通常、美容サロンをテナントで出す場合、

売上に対しての家賃比率は10%前後がベストとされています。

 

つまり、10万円の家賃なら、月に100万円の売上を作れる場所か?

ということです。

 

単純に売上で見ればそうですが、

もっと細かく当然、償却分も考えないといけません。

 

 

逆に、あまりにも田舎過ぎて対象の客層がいない場所にお店を出しても

お客様が住んでませんから、商売は難しくなります。

 

自宅サロンと違い、内装費、保証金など多額にかかりますから

出してから、ここは駄目だ、となっても、当然、移転は難しいです。

 

何も考えずに、いい場所と思い込んで、

いつまでも売上が上がらずに、移転できずに辞めていくパターンがこれです

 

 

(ヒト)自分自身の問題

 

経営者ではなく施術者な人

 

どこかのサロンに数年勤めて、独立開業する夢を持っていて、

お金も貯まったし、自分で始める方は多いのではないでしょうか。

 

このパターンで失敗する人で多いのは、

 

 

経営者と施術者を分離できない人に多いです。

 

 

施術のプロでしょうが、経営能力は別ということです。

 

勤めている時は、気づかないものですが、

サロンに経営者がいて、スタッフであるあなたは、

色々なものに守られながら、働いています。

 

だから技術が良ければ!技術を上げないと!

技術が良ければお客様が来店すると勘違いしています。

 

技術は高くて当たり前なんです。

お金を頂くのですから、

素人レベルでは、そもそもお金を頂けないでしょう。

 

しかし、お客様に来店してもらう集客やマーケティング、

お客様の要望やフォロー、スタッフの管理などのマネージメント。

その他、経営者的な感覚。

これらと技術が合わさって、初めてお客様へ価値提供ができるものです。

 

信用も、看板も、そして保険も施術する場所も、広告も、材料も。

雇われているうちは、あなたはお店守られているんです。

 

たまに、取引先の営業マンに冷たくあしらうスタッフがいますが、

あなた個人ではなく、お店の看板や信用があるから、

相手(下手に出て対応)をするだけで、

一歩外を出てしまえば、(お店を辞めてしまえば)

あなたに信用はないので、売ってくれませんし相手にもされません。

そして、そのことを誰も指摘してくれません。

裸の王様です。

それらに気づかず勘違いしている人は、間違いなく失敗しています。

 

 

技術以外の自己投資をしていない人

 

1人でも多く施術だけしておけば良し

と考えているオーナーさんは多いものです。

経営的に儲かれば良いのですから。

 

だから、そのオーナーの下で働くスタッフは

施術マシーンとなって、

集客やマネージメント、経営など別に学ばなくても

施術だけして売上が作れて、何年か在籍しているなら

店長や責任者になれてしまうのが、この業界です。

 

しかし、独立、開業となると、施術の以外に、集客やマネージメント、経営を

学ぶ自己投資をしなければなりません。

時代によって変化するので、これは経営者になると永久にです。

 

 

これらを学ばないと、何が起こるのかというと、

 

こんなことが起きます。

 

技術が良ければお客様は勝手に来ると思い込んでいるので、

オープン数ヶ月はいいのですが、

しばらくすると、売上が立たなくなったり、

忙しいだけでお金が残らなかったり、

次第に、心もカラダも疲弊していく。

そして、私はなにをしているんだろう…。となって

閉店

 

 

 

このような人は、自信があるので、技術にこだわってしまいます。

 

あなたが思っているほど、消費者(お客様)は専門的な技術を持っていようが、

興味はありません。

 

世の中で事業が成功している美容サロンは日本で1番の技術でしょうか?

 

 

わたしが1番の人。

 

サロンで働いていて、指名も多くとれるし、月に100万の売上を作れる!

自分の技術や接客に自信がある方が、皆そうではなないのですが

 

自信があるので、無意識に態度や言動に出ているのです。

だれかが指摘してくれたりすれば、

良いのですが、せっかく指摘してくれても、

素直に意見を受け入れずに、プライドに執着してしまう方もいます。

 

こんな人が居るサロンはスタッフが続きません。

一緒の空気を吸うのも嫌でしょう。

 

 

また、この手の人は自分が1番で、

他人に任せられないので、

いつまでたっても、スタッフは育たず、

あなた無しでお店が回らないばかりか、

 

中には、せっかく自分のサロンに働いてくれているのに、

悪口や、他責して人格否定をして追い込む心の狭い経営者や店長もいます。

このような人は、自業自得なのですが、

スタッフが経営に協力もしてくれませんし、

一気にスタッフが辞める事態に陥ることがあります。

スタッフが辞めたら、その売り上げごと下がってしまい、

たちまち経営の危機が訪れます。

商売は1人ではできません。

 

 

今回は、失敗するサロンの話を書きました。

もっと細かい話をするととんでもなく長い(今でも長い)文章になってしまいますので、

この記事がいいなと思ったら、メルマガ(無料です)で配信するので登録してくださいね。

 

メルマガを読む⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美容サロンのGoogleマイビジネス活用法[無料]

CTA-IMAGE 驚くことに、どの美容サロンもGMBに注力していません。だから早く注力するほど結果がすぐに現れます。ローカルSEOのエキスパートのグレッグ・ギフォード氏は,『ユーザーによるファーストインプレッションは、もはやWEBサイトではなく、Googleマイビジネスなのだ』と伝えています。 サロンの収益や売上に結びつけるためのマーケティングをあなたのビジネスにお役立てください。

美容サロンの起業カテゴリの最新記事

@font-face { font-family: 'Arvo'; font-display: auto; src: local('Arvo'), url(https://fonts.gstatic.com/s/arvo/v9/rC7kKhY-eUDY-ucISTIf5PesZW2xOQ-xsNqO47m55DA.woff2) format('woff2'); }