プレーヤーから経営者になるとき(個人サロンを出してみる編)

プレーヤーから経営者になるとき(個人サロンを出してみる編)

こんにちは。サロン店舗最適化コンサルタントの藤澤功です。

アイラッシュサロンやネイルサロン、エステサロンに勤めてキャリアを積んでくると自分で独立をしようかな?と考える人もいると思います。

とてもいい事だなと私は思っています。

人生1度きりですしね。

挑戦したほうが良いです。

でも、小さく儲けるのか?大きく儲けるのか?

月に20万程度の収入でいいのか?月に100万は稼ぎたいのか?

でスタートの仕方はまったく違うんですが、

今日は「そこそこ稼げる個人サロン出したいと思う人向け」に参考になればと思います。

お店出すのってむずかしいんでしょ?

全然。個人サロンのお店を出すのって難しそう!と思うのですが

実際にはお店を出すというのは簡単です。

早ければ次の日からでもスタートできます。

アイラッシュサロンは美容所の登録申請があるので保健所の都合で

次第で1日ではムリですが早ければ2週間以内にお店は始められると思います。

 

しかしお店として成り立つか?

だけど、最初の難関!むずかしいのは、「食っていけるか?」です。

一番最初にぶつかる問題がコレです。

出したけど、お客様が来ないんでは生活できません。

 

お店を出しました!

個人サロンを出した方に多いのはオープンしてお友達や知り合いや昔から自分を指名してくれていたお客様を安く呼ぶんです。そして、、

 

「なんだか忙しい」と思えてきて「わたし上手くやってるかも?」となんとなく感じてきます。

 

しかし、しばらくすると、税金や社会保険、家賃、ライフライン、材料費など差し引いたら、忙しいだけでお金が残らなかったり、お休みが取れなかったり。

しかもブログもSNSも時間も取れません。そして営業に来たリクルートや広告代理店からプッシュされて泣けなしの資金でホットペッパービューティーを出して出費が・・・。

費用対効果がなかったりと・・・。

 

あれ?あーやばいかも。と。

 

いかに集客(本当に来て欲しいお客様を来店させる)できるか。

ASP(ホットペッパービューティー・エキテン・Epark)も

ホームページもSNSも始める前にやることがあります。

 

それはペルソナを設定してから発信することです。

 

あなたのお店にもっとも来て欲しいお客様はだれなのか?いままでは不特定多数に発信することをやめること。個人サロンではこれがとても重要です。

ランチェスター戦略の弱者の法則です。大手にはできないストロングポイントもあるはず。

客が来ない!だからグルーポンやルクサ、くまポンなどクーポンサイトに出す。

いやいや、来たお客様は安いから来てくれるだけであなたのお店の真のお客様ではなかったりします。

 

 

あるとき、あなたは気づきます。

なんとか理想のお客様も勝手に来るようになった!

個人サロンじゃわたし成功かも。

そうすると、

次に待っているのは売上の限界です。

ある程度売上もできてきた、でも・・・

あれ?これ以上の売上はムリなのかな?と感じてきます。

 

美容のサービス業というのはお客様1人に対して1人のスタッフが対応せざるを得ないものです。

集客はできた、でも売上がこれ以上、上がらない・・・。

1人の施術者で売り上げられる金額には、ある程度限界があるこれは変わらないということ。

これが売上限界の壁です。

 

わたしは、以前、アイラッシュサロンのチェーン店に居て全店のお店のスタッフ500人弱の全国の個人売上を毎日見てましたのでわかるのですが、1人の施術者で売上られる売上の限界額と1日の限界対応客数はほぼ決まっています。

 

もっとお金が欲しい!

収入が増えると思ったのに!

収入を増やしたり売上を増やすには、

「お店を広くする!!」「店を新たに出す!」

と浮かぶかなと思います。

これは残念ながら、一番やってはいけないことです。

これは順番が違うんです。

あなたの他にスタッフがいないのにお店広げてどうするんですか?

 

先にすること。

売上の限界があるのだから、あなたの代わりに働くスタッフを雇うわけです。

 

ここからがプレーヤから経営者になる瞬間です。

 

いまの美容業界の求人事情は

お知り合いや友人などでスタッフになってくれる人がいれば良いのですが、そうそうスタッフは集まらないのが現状です。わたしの仲良くさせていただいているネイルサロンは名の知れたお店ですが求人がほとんど入ってきません。入ってきても続きません

(このような状態にはあることができていないだけなのですが)

 

とはいっても、もし求人が入ってきたとしても、

あなたのような売上を作れるとは限りません。

 

あなたのような優秀な人から見ると

「嘘でしょ?こんなのもできないの?」と思えてくる人もいます。

 

求人はどこから?

個人サロンの場合、お客様やお知り合い経由か友人などで求人を集めるのが得策です。

なぜなら、求人サイトに出稿しても、反応は薄いでしょう。

求人を探している人からみると、お店は大丈夫なの?お給料払えるの?保険は入ってるの?など、リクルーターにとっては不安要素いっぱいです。

 

求人のタイミング

じつは求人のタイミングはオープン当初から色々と声を掛けて、探していることを発信することを途切れさせないことです。まずは知り合い、お客様、お友達のお友達など。そして自分のお客様に育ててもらい、自分も教えて、お店を早い段階で任せることです。スタッフが少し余っているくらいのほうが次のステップに行きやすいです。人が育てばお店(店舗数)は拡大できます。求人は途切れさせないことです。

 

そして、あなたは

お店やスタッフ、お客様のために自分がお店の外へ出て経営者としてさらに学ぶことです。

 

 


 

オンライン無料相談(30分)

CTA-IMAGE サロン経営者様へ 経営の問題・将来のサロン像・スタッフの育成やモチベーションの問題・集客やマーケティング・店舗の展開や売却などお悩みがある方は、簡単に解決できることもあります。1人で抱え込まず一度お悩みをお聞かせください。
今すぐ電話で相談!