地域1番店を作る。美容サロンの新規客獲得マニュアルを無料配布中。コチラをクリックしてください!

大手予約サイトのホットペッパービューティー『コレを知るだけで120%予約が増える』ノウハウ公開

大手予約サイトのホットペッパービューティー『コレを知るだけで120%予約が増える』ノウハウ公開
この記事を読むのにかかる時間 1

こんにちは。

美容サロン店舗最適化コンサルタントの藤澤です。

 

ホットペッパービューティーを契約されている

アイラッシュサロンやネイルサロン

リラクやエステ、美容室などホント多いですよね。

 

先日も、

ホットペッパービューティーの代理店の方と

話しましたが、ほとんど新規が取れないほど

になってきたみたいです。

※代理店を変えるっていうのもルールが変更になったんだそう

だから、美容サロンを沢山出店してほしいそうです(笑9

 

脱線しましたが・・・

 

なかなかの高コストメディア

 

ホットペッパービューティーって、

なかなかのコストですよね。

 

契約された方はご存知かもしれませんが、

実は全国のエリアで3パターンの価格設定が

あるんですが、特定の地域なんて下のランクでも、

べらぼうに高い(苦笑)

 

そんなだから、

 

 

最低限のコストを回収+αの結果は欲しいものです

 

知っていましたか?

 

ホットペッパービューティーの

アルゴリズム(上位表示の仕組み)は開示されてないのですが、

 

ホットペッパービューティー内で検索される

キーワード設定はかなり重要になっています。

 

 

ホットペッパービューティー内での

各業種のキーワードアクセスランキング(一般には非公開)

があるのですが

繁盛店は、このあたりのキーワード設定をしっかりと

ブログやタイトル、キャッチコピー、

インフォメーションに入れています。

 

 

グーグル検索でキーワードを設定することと同じ原理です。

 

 

毎日、『◯◯日当日予約OK』とか

 

タイトルにもキーワードを意識した

 

キャッチコピーをいれるのは同様です。

 

 

 

ホットペッパービューティーのブログ機能

 

ブログ機能がありますよね。

1日1投稿しかしないでルーティン作業になってしまっている

美容サロンって多いのですが、

別に1日2回でも10回でも良いんです。

 

 

めんどくさい?

 

 

施術が忙しいからめんどくさい!

 

だったら写真多めの文字少なめで良いのではないでしょうか?

 

写真は1ブログに4枚上げられますよね?

 

私だったら、

 

朝に1回目は空き情報

昼に2回目はプライベート

夕方に3回目はキャンペーンの紹介

夜に4回目、明日の空き予約情報

 

それを習慣化したら、1ヶ月でなんと120記事完成です。

 

 

数はあまり関係ないですが、

すごいですね(笑)

 

目的は

お客様に目につくところへ常に表示させること!です

 

アップするとその都度上位に表示されますよね?

なら、ソレを活用しましょう。

そして、もっとも大事なのはキーワードを設定すること。

 

キーワードを意識したブログの書き方

 

キーワードを設定するって言っても、

どうするの?って思いますよね。

あるお店ので指導した内容を教えちゃいますね。

 

 

1)繁盛店のお店のブログをTTP(徹底的にパクります)

キーワードをあぶり出しましょう

いくつかのブログやページをピックアップして

ファンキーレイティングのURLで分析してみます。
https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

 

これでキーワードは判明します。

 

 

2)続いて、ブログは

いきなり、サロンボードに書き込むのではなく、

パソコンやスマホのメモ帳やメモ機能を下書きします。

 

 

3)文章を書き終えたら、

ファンキーレイティングにアクセス
https://funmaker.jp/seo/funkeyrating/

 

メモ帳で書いた内容をコピペーストします。

 

そうすると、どのキーワードが多いか少ないかが出てきます。

 

キーワードの割合が少ないのなら、

 

特定のキーワードを増やして、何度か調べてみます。

 

 

4)で、『投稿』これだけです。

 

慣れれば簡単ですよ。

 

藤澤功 オンラインセミナー

 

美容サロンのGoogleマイビジネス活用法[無料]

CTA-IMAGE 驚くことに、どの美容サロンもGMBに注力していません。だから早く注力するほど結果がすぐに現れます。ローカルSEOのエキスパートのグレッグ・ギフォード氏は,『ユーザーによるファーストインプレッションは、もはやWEBサイトではなく、Googleマイビジネスなのだ』と伝えています。 サロンの収益や売上に結びつけるためのマーケティングをあなたのビジネスにお役立てください。

美容サロンの集客カテゴリの最新記事

@font-face { font-family: 'Arvo'; font-display: auto; src: local('Arvo'), url(https://fonts.gstatic.com/s/arvo/v9/rC7kKhY-eUDY-ucISTIf5PesZW2xOQ-xsNqO47m55DA.woff2) format('woff2'); }