美容サロンのGMB活用法[無料配布中]

無料の集客ツール【Googleマイビジネス】をお店に導入してますよね?

無料の集客ツール【Googleマイビジネス】をお店に導入してますよね?

グーグルのサービスで無料でお店を宣伝できて新規集客を獲得するための必須ツールがあるのはご存知ですか?

グーグルマイビジネス

 

私は、お店を経営している経営者の方たちと多くお会いしてきましたが、お店をしていて、やらないなんて本当に信じられないです。聞いたことがあるけど難しくてとか・・・とかの方もいるのですが、この記事を見たら今すぐ登録してください。非常にもったいないです。これを登録して活用してないと、新規顧客獲得に大きな損失が発生するかもしれません

なぜ?グーグルマイビジネスを登録しないと損するのか?

 

AISASやら消費者が商品やサービスを認知してから購買に至るまでのプロセスのモデル費者が商品やサービスを認知してから購買に至るまでのプロセスのモデルとかの話しもあるんですが小難しい話しではなく、

自分で置き換えてみてください。

もしあなたが、今日の昼はラーメン食べたいなと思った時にスマホから「地域+ラーメン」とか「ラーメン」で検索しますよね?そうするとスマホのGPSから近くのラーメン屋さん候補がたくさん出てきませんか?そしたら、地図アプリで道を調べたり、口コミを見たり、メニューを見たり。そしてお店に行って、食べ物の写真を撮って、インスタやツイッター、フェイスブックで投稿して、味をレビューしたり、口コミサイトに書いたりとしませんか?スマホで探す

この「地域+ラーメン」とか「ラーメン」で検索した時に一番最初に出てくるお店はグーグルマイビジネスに登録されてるお店です。そして、登録をしてないお店は表示すらされないお店もあります。

これがどういうことかわかりますか?

 

登録すらしていないお店はお店を選らぶ対象にすらも挙がらないということです。

 

これ相当ヤバイです。

グーグルマイビジネスをどう運用していくのか?

 

そう、登録はしたが、どう運用していくのか?ですがキャンペーンの告知、予約ボタンの設置、写真、エリアを絞ったインターネット広告などグーグルマイビジネスで展開できます。私はスタッフにブログの更新やSNSへアップするのと同時にグーグルマイビジネスへも更新することを指導してます。

お客様からの見え方は?

 

【横浜 ラーメン】と検索したパソコンとスマホからの見え方です。

これがパソコンから見たグーグルマイビジネス。一番上に地図と一緒にピンで紹介されてます。吉村家や壱八家が最初に出てますが、登録されるとこのように掲載されます。

グーグル検索の見え方

これがスマホから見たグーグルマイビジネススマホから見たグーグルマイビジネス

 

 

スマホやパソコンでもGPSを許可してるのであれば、近くのお店が表示されるわけです。

 

ご自身で設置できなければ、私が代行して設定することもできます(要見積)が・・・

 

あえて自分で設置してみてください

 

一つ一つ設定すれば、最初はとっつき難いかもしれませんが、そう難しくないです。それに運用を考えたらご自身かスタッフさんで設置したほうが良いです。設置はしたが全く活用せずに放置なら意味がないからです。

グーグルマイビジネス上でリスティング広告もエリアや属性を絞って配信

 

実際、私の個人的な感想として、

◎リスティング(グーグルのインターネット広告)グーグルマイビジネスのスマホアプリからも広告をすぐに配信できるのが良い

◎アナリティクスやサーチコンソールのような使い方や専門的なことを知らなくても、パソコンが弱い人でも直感的にいじれる。

◎ホームページも無料で作れる。

◎今日暇だな?と思いついた時に写真やイベント、キャンペーン、セールをスマホから即アップできる。

◎ASPサービス(ホットペッパー・食べログ・Eパークなどのサービス)と連動しているので、口コミや評価、予約のボタンなどを入れられる。

◎検索エンジンにGPSの許可がされてれば、近くでお店を探している人たちへ、自分のお店の情報を一番上位表示できる可能性がある。

◎これだけ使えて無料だということ

登録しないなんて、もったいない。

もしかしたら年間数百万円をドブに捨ててるかもしれませんよ。

Googleマイビジネス https://www.google.com/intx/ja/business/

 

 

美容サロンのGoogleマイビジネス活用法[無料]

CTA-IMAGE 驚くことに、どの美容サロンもGMBに注力していません。 だから早く注力するほど結果がすぐに現れます。 ローカルSEOのエキスパートのグレッグ・ギフォード氏は,『ユーザーによるファーストインプレッションは、もはやWEBサイトではなく、Googleマイビジネスなのだ』と伝えています。 サロンの収益や売上に結びつけるためのマーケティングをあなたのビジネスにお役立てください。