【メルマガ登録無料】集客・集客アイデア・小さなお店・会社が一人勝ちできる店長メルマガ

本当に大丈夫ですか?起業資金の活用方法

藤澤です。サラリーマン副業で起業やフランチャイズに興味がある方へ

もしサラリーマンやOLで初めての起業でフランチャイズを検討しているなら自己資金を全て使わずに融資で事業を回す方法があります。※出資はまた違う機会で書きますね。

初めての脱サラ

つい、初めての脱サラだと、融資=クレジットとかキャッシングが浮かんでしまって、借金が悪というイメージの方も少なくないです。

融資はショッピングクレジットではない全て自己資金でやるんだ!という方は、それでも良いのですが、いざという時に、すぐに対応できる現金が手元にあった方が安心ではないですか?ヤバイ!と思ってから事業融資を申し込んでも1ヶ月~2ヶ月はかかるものですので資金ショートしてしまうなんてこともあります。一番最悪なのはどうにもいかなくなり、ノンバンクでキャッシングをしてしまうなどです。返せなくなるので絶対にダメです。

前もって融資を事業計画に組み込む

至極当たり前に、融資を事業の計画そのものに組み込んでしまえば良いだけなのですが、最初は抵抗がある方が意外に多いです。気持ちはわかります(笑)

例えで、起業を準備しているAさんとBさんが居たとします。

Aさんは1000万の自己資金で事業を始めるとします。Bさんは1000万円を担保に1000万を融資で資金調達して事業を始めるとします。使える資金はAさん1000万、Bさん2000万となるわけです。

Aさんは自己資金で事業を興すわけですから、徐々に自己資金が目減りしていきます。うまく早期黒字化していけばよいのですが、もしいかなかった場合・・・は不安ですよね。眠れません。一方、Bさんは、計画段階で半年ぐらいは赤字であろうと見込んでいたなら、金融機関に返済開始時期を黒字が発生するだろう時期にお願いし、毎月の事業の計画へ償却費用として返済分を組み込んで運営していけます。Bさんは自己資金は残ってますから、残った自己資金で追加融資を申し込むなり調達がしやすくなります。Aさんは自己資金が底をつき始めてからの事業融資ですと赤字店舗の状態ですし希望の満額融資は難しいかもしれませんし、最悪審査を通らないかもしれません。

お金がないと判断が鈍る

私は、起業時に自己資金は全額使わずに、9割以上融資を使うことをお勧めしています。もし、自己資金を残しておけば追加融資のもそうですが、気持ちの余裕ができます。気持ちの余裕は意外と大事です。また融資は最悪の場合でも、リスケジュール(元本が払えないときに利息のみで支払う猶予)は昔に比べ受け入れてくれやすくなっています。お金がないと不安で夜も眠れなくなってしまう経営者は多いんです。家族仲も悪くなりますし、お酒に逃げてしまう人も居ます。

資金ショート

フランチャイズは当然リスクがあります。

儲からないかもしれませんし、儲かるかもしれません。どのような事業にはリスクがあります。当たり前のことです。たまに、「フランチャイズは儲からない」とネットで見かけますが、

そもそもフランチャイズというものを、理解して始めたの?、資金や準備は大丈夫だったの?、売上げが構築できるビジネスモデルだったの?ビジネスモデルをしっかり理解できていたの?などなど、失敗した結果には原因が必ずあるのではないかと思います。

そもそも事業なんて100%成功するわけではないですし、失敗しないために自身も努力していかないといけないわけなのですが・・・。もし加盟を対応した営業や本部が「絶対儲かります!」といって加盟させたら詐欺ですけどね(笑)

不思議な話しなのですが、将来の人生を締結させようとしている契約書をしっかり読まずに判を押してしまう方も多いです。大事な契約書なのですから、スポットで数万円の費用が掛かったとしても弁護士の先生に依頼して、気になる点をチェックしてもらったり、内容が理解できなければ弁護士の先生に解説してもらったり確認すべきなのですが、ケチって何も考えず勢いで判を押してしまう人も少なからず居ます。私はお勧めしません。契約書を確認して内容が納得いかなければ破棄してしまえばいいのですから。

もう一つ失敗事例でが、フランチャイズといえども起業ですから事業を運営しないといけません。しかし何を勘違いしているのか、サラリーマン時代の考えを抜け切れず、本部に依存しすぎて失敗してしまう。などもあります。そもそも起業をするということが何かを理解せずに不幸になったパターンです。

そのほか、立地、人員、ビジネスモデルに影響されるというのはフランチャイズだろうが、自分で起業しようが同じです。しかし、フランチャイズで成功して儲けている人というのは、流行や先見性、人材の教育、立地、利回、出口戦略をアバウトでも基準を持っています。

 

フランチャイズ計画

フランチャイズの良いところは、何もない自分の独創的なアイデアから起業の種を生み出したとしても、それを乗り越えるまでに多くの障壁があり、ほとんどの起業家が脱落していきます。それに比べ、既に成功している事業の看板とノウハウをフランチャイズシステムというものを使ってリスクを減らしていけるのがフランチャイズです。フランチャイズだけではないですが、起業するときは、起業して失敗を想定した場合も考えて、成功するための確率を上げるための材料をしっかりと調べ準備し、起業と同時にどこまでの赤字を想定内にするのか?損切りのタイミングや出口戦略を始める前から建てておくということです。

小さなお店が一人勝ちできる店長メルマガ

CTA-IMAGE 飲食店、小売店、エステサロン、ネイルサロン、まつげエクステサロン、美容室、治療院、住宅会社、リフォーム会社、、クリーニング店、不動産会社、学習塾、スクール、アミューズメント業、生活サービス業、税理士、弁護士、社労士、司法書士、行政書士といった方々 「店長、何をすればいいですか?」「年上のアルバイトが多く、私の言うことを聞いてくれない! 」「話すのが苦手」「スタッフ同士の揉め事が絶えません。」「いいアルバイトが見つからない」「募集をかけても面接に応募してくる人がいない」「いつも売上予算が高くて苦しい」「競合店が近くに出店してきた! 」「クレーマー対策は?」「きちんと評価できていない」 等々、店長や店舗運営に関する学びや気づきを毎回お届けします。