美容サロンのGMB活用法[無料配布中]
ブラック企業マップ

こんにちは藤澤です。

資格の勉強を仕事と並行してしてまして、
働き改革もテストに出るのではないかと色々と調べてたのですが、
気になったのは有給休暇取得の義務化です。

働き方改革で2019年4月から、いくつかの法案が施行

特に年次有給取得の義務化などは有給休暇が年10日以上ある労働者へ
最低5日間は社員に休暇を取らせないと労働基準法違反となり
6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金ですから厳罰化されますね。

若きし頃の私が一番最初に社会人として就職した会社は
(もう20年前くらいの話になってしまいますが)
誰でも知ってる大きな会社ではありましたが、
大型連休やクリスマス、正月などのイベント月は
月3日休めれば良い方で有給など取れるはずも無く
公休も日当で会社が買い取る有様で
嘘のような話ですが、タイムカードは定時で押され、
でも仕事が多くて朝まで帰れない日が続いたりと、
休みは電話がかかってくるなど
20代前半の体力がある時期にもかかわらず、
疲労で血尿が出てしまうぐらい疲労してました、
今であれば、とんでもない環境だったな思います(笑)

当時は今みたいに声を上げて!というのは、できない雰囲気でしたし
主張するものなら、「そんなの仕事だから当たり前だ!」
と上司に一蹴されて終わりでした。

今思うと頭おかしいですよね(笑)

いまでは、「ブラック起業マップ」というものがあるそうです。

厚生労働省が公表している「労働基準関係法令違反に係る公表事案」に掲載された企業を
マップにどくろマークで晒し、誰でも確認できるようになっています。

ブラック企業マップ」 https://blackcorpmap.com/

過去の価値基準でいる社長さん、企業は当然、このようなサイトに掲載されたら
一生消せずにずっと残りますから、

大小規模は関わらず

コンプライアンスを甘く考えていた意識を変えざる得ないでしょうね。

美容サロンのGoogleマイビジネス活用法[無料]

CTA-IMAGE 驚くことに、どの美容サロンもGMBに注力していません。 だから早く注力するほど結果がすぐに現れます。 ローカルSEOのエキスパートのグレッグ・ギフォード氏は,『ユーザーによるファーストインプレッションは、もはやWEBサイトではなく、Googleマイビジネスなのだ』と伝えています。 サロンの収益や売上に結びつけるためのマーケティングをあなたのビジネスにお役立てください。