「起業したいんですが、色々考えているのですが、なにやればいいんでしょうかね?」

「起業したいんですが、色々考えているのですが、なにやればいいんでしょうかね?」

最近、お店の立ち上げで若い営業マンに会う機会が増えてまして

「起業したいんですが、色々考えているのですが、なにを最初にやればいいんでしょうかね?」

と聞かれます。

まぁ、起業なんて誰でも簡単にできるし、副業でやれば?ッて思うんですけど

一番の忘れてはいけない重要ことは「事業を継続して利益を出し続ける」なんですよね。
起業が目的になっちゃってるんだろなーとウンウンと話半分で聞いてます。
中には起業しないほうが良いよとアドバイスしたり。
株か不動産をやればなんて話をします。

そもそも
起業の仕方なんてネットや本やら公的な起業支援のセミナーやら無料で情報はいくらでもあるし、
やろうと思えば、
今すぐ税務署へ行って開業届けに判を押してスピード名刺作れば30分で社長です(笑)

とはいえ最初の1年で90%以上の会社がドロップアウトしますので
目標は「事業継続して利益を出し続けるには何で稼ぐのか?」があってこそかなと思います。

起業するネタも同様に聞かれますが沢山あってアチコチ落ちているものです。
灯台下暗しです。今働いている仕事の中を少し見方を変えればあると思うんです。

例えば、


あなたはサラリーマンで100万円くらいの商品を売る営業マンだったとして、
お客様に商品が売れた場合の歩合が10%だとすると10万が報酬で入ってくるわけで
この100万円の中で誰が一番儲けてるの?お金の流れは?と考えると浮かぶはず。

ざっくり細かいことは考えなくても
サラリーマンなら仕入れが50%、会社40%、自分10%
自営業なら50%

と想像できるわけだから自身で仕入れや販売ルートがあって、
わざわざ会社通さなくても売れるなら単純に起業できますよね?ッて話です。

収入が無くなるのが怖いなら、
勤めながら仕入れや販売ルートの構築しとけばよいし、
紹介してもらえばよいのかなと。

サラリーマンのいいところは、良くも悪くも看板(会社の信用)が使えるところなので
この辺の構築は意外と難しくないと思います。

営業職の人はこういうの慣れてると思うんですが。

「どうやって仕入れてるんですか?勉強のため教えてください」
「もっと商品のことを勉強したいので担当者をどなたか紹介してください」
「どうやって流通しているんですか?勉強のため教えてください」
「もっと詳しく流通の勉強をしたいので担当者をどなたか紹介してください」

あとは自分次第。これでブレーンにぐっと近づきます。

アルバイトだろうが社員だろうがおなじですよね。
お金が産まれている仕組みを目の前で見れているのに、
良く見ないでスルーしてしまっていますし。
ブレーン作りも同様です。

自身の話で恐縮ですが、
28歳のサラリーマン時代の話です。
私は職場を突然クビになり途方にくれたことがあります。
当時は住宅ローンもあり子供も居ましたから
貯金もない、頼るところもない、
この先どうしようかと不安で不安で落ち込みました。

クビ宣告された翌日、当然、会社にはタイムカードも席はないですから
そのままフェードアウトもできたのですが、
自分の気持ちの中で世話になったお客様に挨拶を無しで去るなんてできないと
気力を振り絞って数十件の取引先へ退職の挨拶周りをすることにしました。

[adchord]
そしたら窓口の担当者や経営者達が意外なことを言うんです。

A社「辞めるなら自分でやりなさいよ、新しい奴が来ても取り次がないわ」

B社「あなた以外は信用できないから今の会社との取引を辞めますよ」

C社「あなただからこれまで取引してたんだ、自分でやりなよ(起業)?」

D社「新しい案件が入ってるから、困ったな・・・個人でやれば?できるでしょ?」

また取引先の社長さんからは
「金少しなら工面してあげるから自分でやれ、いくらいるんだ?計算してみろ」
「起業するなら商工会●●さん紹介してあげるから一度連絡してみろ」
などなど。。

あれよとお神輿を担がれて資金0円で資金も調達でき1週間で会社を立ち上げてました(笑)
もうこの会社は無いですが、色々と迷惑をかけながらも11年間も続けることもでき感謝しています。

このような、自分では気づかなかったけど、周りが応援してくれていたパターンもありますね。

少し景色を変えて角度を変えてみるとチャンスはそばにあるかもしれません。

にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村

 

 

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK