クラウドファンディング

クラウドファンディング

クラウドファンディングのセミナーへ出向いてまいりました。

最近、資金調達でクラウドファンディングという言葉をよく聞くようになり
実際どうなのかと?

簡単に言うと寄付なのですが、
用途としては大きく2つだと思います。

[adchord]

1つは資金集め

2つ目はマーケティング

1つ目の資金集めにですが、今後はもっと大きな資金が集まると思いますが、
現段階の日本のクラウドファンでキングで資金を集めるのは正直向かないのかな?と思いました。
向く案件もあるのですが、単純に資金集めだったら違う方法のが良いです(現段階では)

いやいや、というと語弊があるかもしれませんが間接的には向いてます。

なんというか・・・
プレスリリースを打つときに似てる感じというか。

マーケティングがあってこその資金集めにということになるのかと思います。

どういうこと?かというと。

案件自体は資金集めの設定は低くとも

クラウドファンディングに起案し案件を成功させることで、
メディアが注目して、様々なクラウドファンディングのサイトには
履歴が残っていますから半永久的に宣伝になりますよね。

それを見た大手企業が出資やら商品買取やら買収やらを行う事例が多々あるそうです。

アメリカではキックスターターというクラウドファンディングのサイトがありますが
かなりの金額を集めています。

アメリカから数年すると日本に入ってくる流れがありますから、
そのうち規模は大きくなるかもしれませんから、
注視していきたいですね。

にほんブログ村 経営ブログ 経営支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

COMMENT ON FACEBOOK